ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 町内の幹線道路沿いでごみを拾いました

ここから本文です。

 

更新日:平成28年10月7日

町内の幹線道路沿いでごみを拾いました

環境美化推進員

今回ご参加いただいた環境美化推進員の皆さん

活動風景

活動風景

 

ごみを拾う環境美化推進員の皆さん

不法投棄

歩道に置かれた不法投棄物(冷蔵庫)

10月7日(金曜日)、環境美化推進員12人が、町内の道路沿いを歩き、ポイ捨て禁止の啓発活動と歩道のごみ拾いを行いました。
東郷町では、ポイ捨て等禁止条例を平成24年7月1日に施行しました。この条例に実効性を持たせるため、条例で環境美化推進員の設置が規定され、条例の啓発や環境美化意識の普及などを行うこととしています。
そこで、町では住みやすいきれいなまちを目指し、昨年度に引き続き「きれいなまちキャンペーン」を実施しています。
今年度2回目となるキャンペーンでは、町内北側地区の推進員に参加していただき、「諸輪北木戸西(町境界)から諸輪木戸畑交差点まで」と「主要地方道瀬戸大府東海線 知々釜北・知々釜南交差点周辺」の道路沿いのポイ捨てごみなどを拾って歩きました。
ごみは道路の植栽や生い茂った雑草の中に多く捨てられており、特に空き缶やペットボトル、お菓子の袋などが目立ちました。また、北木戸西地区の道路には冷蔵庫や自転車の不法投棄がありました。
最終的に可燃ごみ22袋(80キログラム)、不燃ごみ8袋(10キログラム)のごみが集まりました。
参加者からは「ペットボトルや空き缶がいくつか入った袋をそのまま道路にポイ捨てしているごみが多くてびっくりした。特に交差点付近に多く落ちており、運転者のマナー意識の低く感じる。家に持って帰って捨ててくれればポイ捨てごみがなくなり、きれいなまちになるのにね。」と話がありました。

お問い合わせ

担当部署:環境課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?