ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 沖縄県への旅行・出張を予定されている方へ

ここから本文です。

 

更新日:平成30年4月19日

沖縄県へご旅行・ご出張を予定されている方へ

沖縄県では広い範囲で麻しん(はしか)が流行しています。

 麻しん(はしか)は非常に感染力も強く、感染した場合、風邪のような症状が続いた後、

高熱と発疹等の症状を示します。また、免疫がない人が感染した場合重症化することがあ

ります。

  しかし、ワクチンを必要回数接種していれば、麻しんに感染する可能性はワクチンを接種

していない人と比べるとはるかに低くなります。

旅行や出張前に確認ください

 ・ワクチン接種歴をご確認ください。

  小学生以上の方で、1歳で1回、小学校入学前1年間に1回の合計2回の接種歴があれ

 ば、問題なく旅行できます。もし、回数が足りない場合はワクチン接種をご検討ください。

 ・妊婦の方は、麻しん(はしか)にかかると「早産」や「流産」のリスクが高くなります。

  妊娠中は、麻しんのワクチン接種ができません。そのため、2回のワクチン接種を完了で

 きていない方については、かかりつけの産科医にご相談ください。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康推進課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。