ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)

ここから本文です。

 

更新日:令和3年7月26日

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯の実情を踏まえた生活を支援する観点から、ひとり親世帯以外の子育て世帯(=その他世帯)に対して子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

☑本給付金は住民税均等割非課税の方が主な対象となります。未申告の方は速やかに住民税の申告をしてください(※)。住民税未申告の場合、速やかに支給出来ない可能性があります。

※令和3年1月1日時点の住所地を所管する税務署への確定申告又は市町村役場への住民税申告(令和3年1月1日時点の住所地が本町の場合、昭和税務署または東郷町役場税務課)により、令和2年中の収入(令和3年度課税)について申告してください。

☑子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)で支給された児童は対象外となります。

対象児童

平成15年(特別児童扶養手当対象児童は平成13年)4月2日から令和4年2月28日までに生まれた児童

支給対象者

  1. 令和3年4月分~令和4年3月分(いずれか)の児童手当または特別児童扶養手当受給者で令和3年度住民税均等割が非課税の方(申請不要)
  2. 1.のほか、対象児童の養育者であって、以下のいずれかに該当する方(要申請)

⑴令和3年度住民税均等割が非課税の方

⑵新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が非課税相当となっている方

☑本給付金はご家庭によって「給付金の対象かどうか」や「申請が必要かどうか」が異なるため、以下のフローチャートでご確認のうえ、お手続きをお願いします。

(1)令和3年4月分~令和4年3月分(いずれか)の児童手当または特別児童扶養手当受給者で令和3年度住民税均等割非課税の方(公務員受給者を除く)

☑令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、本給付金の対象者となるのは、ひとり親世帯分の本給付金を受給していない世帯となります。

☑令和3年5月~令和4年3月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、本給付金の対象者となるのは、ひとり親世帯分及び令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当で本給付金を受給しておらず、期間内に新たに出生した児童を有する世帯となります。

☑期間内の転入世帯については、他市町村及び本町で本給付金を受給していない場合、対象となります。

支給額

  • 児童1人当たり一律5万円

申請・支給日

  • 申請は不要です。

令和3年4~7月分の児童手当または特別児童扶養手当受給者で対象となる方には、令和3年6月末に案内を送付し、7月末(令和3年8月分以降の児童手当または特別児童扶養手当の対象者は随時、基本的には該当日の翌月末)に児童手当または特別児童扶養手当の振込口座に支給予定です。

☑既に登録している児童手当または特別児童扶養手当の振込口座に変更がある場合は、口座登録届:pdf(PDF:114KB)/Excel(エクセル:36KB)をご提出ください。

☑振込時間によっては、振込口座への反映が、遅れる場合があります。

支給月の翌月5日以降に通帳記入しても反映されない場合には、子育て応援課までご連絡ください。

(2)上記以外で次のいずれかに該当する方

1.高校生の児童のみを養育しており、令和3年度住民税均等割非課税の方
2.令和3年4月分の児童手当を受給している公務員で、令和3年度住民税均等割非課税の方
3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、令和3年度分の住民税均等割非課税である方と同等の事情にあると認められる方(家計急変者)

住民税(均等割)非課税相当限度額表(東郷町)

☑市町村によって限度額は異なります。

世帯人数

家族構成例

非課税所得限度額

非課税相当収入限度額

2人

夫(婦)+子1人

828,000円

1,378,000円

3人

夫婦+子1人

1,108,000円

1,680,000円

4人

夫婦+子2人

1,388,000円

2,097,000円

5人

夫婦+子3人

1,668,000円

2,497,000円

6人

夫婦+子4人

1,948,000円

2,897,000円

7人

夫婦+子5人

2,228,000円

3,297,000円

8人

夫婦+子6人

2,508,000円

3,685,000円

9人

夫婦+子7人

2,788,000円

4,035,000円

 

☑申請者が申請時点において、障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親で世帯人数が3人以下の場合は、非課税収入限度額は204.3万円となります。
☑世帯人数は、申請者と配偶者(前年の収入金額103万円以下の者)と扶養親族の合計数になります。
☑主たる生計維持者(所得の高い方)の令和3年1月1日以降の任意の1か月の収入に12を乗じた金額が、非課税相当収入限度額以下であれば支給対象になる場合があります。

支給金額

対象児童1人あたり一律5万円

申請手続き

申請が必要になります。
対象となる場合は、申請書等を子育て応援課へ提出(郵送可)してください。

※父母が共に対象児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度が高い方(所得が高い方)が申請者となります。

申請期間

令和3年7月26日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)必着

必要書類

(1)子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)申請書(請求書)
(2)申請者・請求者本人確認書類の写し(コピー)

例)運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、
パスポート等の写し(コピー)

(3)申請者・請求者の世帯の状況、表Aの支給対象児童との関係性を確認できる書類の写し(コピー)

☑申請書の表A(申請者と支給対象児童)の関係性の確認に必要な書類を提出してください。

(4)受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

☑受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写し(コピー)を提出してください。

例)通帳やキャッシュカードの写し(コピー)

(5)簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者のみ提出が必要)

☑申立てを行う収入にかかる給与明細書、年金振込通知書等の収入額が分かる書類、
事業収入、不動産収入にかかる経費の金額の分かる書類を添付してください。

申請書(エクセル:65KB)/pdf(PDF:209KB)

申請書(記入例)(PDF:342KB)

申請書(記入要領)(PDF:528KB)

収入見込額申立書(エクセル:104KB)/pdf(PDF:339KB)

収入見込額申立書(記入例)(PDF:356KB)

収入見込額申立書(記入要領)(PDF:391KB)

所得見込額申立書(エクセル:109KB)/pdf(PDF:516KB)

所得見込額申立書(記入例)(PDF:534KB)

所得見込額申立書(記入要領)(PDF:558KB)

”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください。

ご自宅や職場などに都道府県・市区町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの町子育て応援課や愛知警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

その他

  • 本給付金を受けた後に税の修正申告等により支給対象者の要件に該当をしなくなった方、又は偽りその他不正の手段により本給付金を受けたものについては、給付金の返還を求めます。

よくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:子育て応援課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。