固定資産税(土地)に係る課税誤りについて

更新日:2022年06月06日

ページID : 10169

固定資産税(土地)の計算に適用する減額補正率の一部に誤りがあったことにより、令和3年度及び令和4年度の一部の評価額及び課税額を修正する必要があることが判明しました。

対象者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

原因

市街化調整区域内の宅地及び一部の雑種地を評価する際に適用する「奥行価格補正率」の設定に一部誤りがあったことにより、本来の税額より過大に課税していることが判明しました。

対象

土地:市街化調整区域内の一部の宅地及び雑種地

人数:約850人

年度:令和3年度及び令和4年度

過大課税総額

総額:約235万円

1人あたりの影響額:100円~21,700円(1年度につき)

対応

6月6日(月曜日)に対象者にお詫びの文書を送付しました。

過大徴収となった税金については、還付させていただきます。

防止策

固定資産税(土地)の計算に適用する減額補正率の変更時には、一層資料の確認を徹底して再発防止に努めます。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課
電話番号:(町民税係)0561-56-0724(資産税係)0561-56-0725
ファックス:0561-38-7933

メールフォームによるお問い合わせ