ホーム > 産業・ビジネス > 事業所運営 > 経営支援 > 愛知県感染防止対策協力金 > 愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)の実施について

ここから本文です。

 

更新日:令和3年1月18日

愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)の実施について

1月12日から愛知県で申請の受付が開始されました。申請方法は下記のサイトよりご確認ください。申請期限は2月19日までです

愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)の申請受付について(外部サイトへリンク)

趣旨

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の営業時間短縮要請に応じて営業時間の短縮を実施した事業者に対し、「愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)」が交付されます。

 ※営業時間短縮には感染防止対策のため終日休業した場合も含む。

対象期間・支給額

対象期間:2020年12月18日(金曜日)から2021年1月11日(月曜日)まで(25日間)

支給額:1店舗1日当たり4万円 最大100万円(要請に応じた日数分を交付)

主な対象要件

  • 県内の営業時間短縮要請を受けた施設を運営する中小企業者等が対象なります。この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。
  • 業種別ガイドラインを遵守し、「安全・安心宣言施設」への登録PRステッカーとポスター掲示を行っていることが必要となります。

<対象施設>

※1 特措法・施行令第11条第1項第11号「キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類する遊興施設」  

※2 21時から5時までの間に営業していた事業者が時間短縮した場合 

対象施設(要件)

協力金

[特措法の規制対象※1]

接待を伴う飲食店

(キャバレー、ホストクラブ等)

酒類の提供を行う飲食店(バー、ナイトクラブ等)

酒類を提供するカラオケ店

ガイドラインを“遵守していない”施設(安全・安心宣言施設ステッカー未掲示施設)

休業を要請

対象外

ガイドラインを“遵守している”施設

(安全・安心宣言施設ステッカー掲示施設)

営業時間短縮※2(5時~21時)を要請

対象

[特措法の規制対象外]

酒類の提供を行う飲食店(居酒屋等)

営業時間短縮※2(5時~21時)を要請

対象

 

問い合わせ

  • 1月12日(火曜日)から協力金専用コールセンターが開設されました。

電話番号:052-228-7310

解説時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日) 

  • 営業時間短縮、「安全・安心宣言施設」PRステッカー等については、県民相談窓口(コールセンター)までお問い合わせください。

 電話番号:052-954-7453

 開設時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?