ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 豚コレラについて

ここから本文です。

 

更新日:平成31年2月6日

豚コレラについて

豚コレラとは

 豚コレラとは、豚やイノシシに感染する病気で、平成30年に日本では26年ぶりに国内での感染が確認されました。また、平成31年2月6日には愛知県豊田市の養豚場でも確認され、愛知県内での拡大が懸念されています。

 豚コレラについての詳しい情報、今回の件に対する愛知県の対応については、愛知県ホームページ豚コレラについて(外部サイトへリンク)をご覧ください。

人体への影響

 豚コレラウイルスは人間に感染することはなく、感染した豚の肉を食べても、人体への影響はありません。近隣市町で感染が確認されても、慌てたり、取り乱したりせず、正確な情報に基づいて冷静な対応をお願いします。
 また平常時から、不必要に養豚場に近づかない、万が一野生イノシシやその死体を発見しても近づいたりせず産業振興課へ連絡をお願いします。

東郷町の対応

 東郷町では豚コレラの他、鳥インフルエンザや口蹄疫をはじめとする家畜伝染病が町内で発生した場合、感染拡大の防止に努めます。
 今回の件への対応はこちらのページで随時お知らせします。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:産業振興課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。