ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「がんを防ぐ生活習慣」

ここから本文です。

 

更新日:平成30年8月26日

健康ワンポイントアドバイス「がんを防ぐ生活習慣」

日本人の2人に1人が、一生のうちに一度はがんになるというデータがあります。
がんの要因には、加齢や遺伝的な要素など防げないものもありますが、毎日の生活習慣を見直すことで、ある程度は防ぐことができるといわれています。
国立がん研究センターを始めとする研究グループが推奨する、がんを防ぐための6つの習慣を紹介します。

たばこは吸わない

喫煙は肺がんをはじめ、がんに関連することが示されています。
他人のたばこの煙もできるだけ避けましょう。
禁煙は、禁煙外来のある医療機関(東郷診療所では予約制)で医師と共に取り組むことが成功への近道です。

お酒はほどほどに

飲む場合は、アルコールに換算して1日あたり23g程度まで(日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本程度)としましょう。

バランスのとれた食生活を

「塩分のとりすぎ」「野菜や果物をとらない」「熱すぎる飲み物や食べ物をとること」が、がんの原因になることが明らかになっています。

適度な運動

身体活動量が高い人ほど、がん全体の発生リスクが低くなるという報告があります。
運動習慣を持つようにしましょう。

適切な体重維持

BMI値:体重kg÷(身長m×身長m)を男性は21~27、女性は21~25の範囲になるように体重を管理し、太り過ぎや痩せすぎに注意しましょう。

ウイルスや細菌の感染予防と治療

B型・C型肝炎ウイルスは肝がんとの関係があります。今まで検査を受けていない40歳以上の人は、町が実施する肝炎ウイルス検診が11月まで受けられます。
町では、11月まで指定医療機関でがん検診を実施しています。がん検診を受けましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。