ホーム > まち・環境 > 住まい > 耐震 > 建築物のブロック塀等の安全点検パトロール

ここから本文です。

 

更新日:平成30年7月27日

建築物のブロック塀等の安全点検パトロール

建築物のブロック塀等のパトロールの実施

平成30年6月18日発生の大阪府北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、東郷町では、愛知県や建築関係団体等が連携して安全点検パトロールを随時実施しています。

 

点検の方法

次の項目について、目視やメジャーなどの簡単な計器により点検を実施します。

※内部の鉄筋の有無の調査は行いません。

  • 塀の種類
  • 塀の高さ
  • 塀の厚さ
  • 控え壁の有無
  • コンクリート基礎の有無
  • 塀の傾斜の有無
  • ひび割れ、破損の有無 など

点検の結果は、ポストなどに入れさせていただきます。

結果が「適合」の場合…数年おきに自己点検を実施していただくようお願いします。

結果が「不適合」の場合…建築士などの専門家に相談していただくようお願いします。

その他

 点検の際は、腕章または名札を着用して実施します。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:都市計画課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?