ホーム > まち・環境 > 住まい > 耐震 > あなたの家のブロック塀は大丈夫ですか?

ここから本文です。

 

更新日:令和元年11月7日

あなたの家のブロック塀は大丈夫ですか?

定期的な点検と早期の対応をお願いします。

地震災害では、ブロック塀等の倒壊により、人への被害が発生します。ブロック塀が倒壊すると人的被害や、救助活動の妨げにもなります。今後、大きな地震はいつくるかわからず、ブロック塀についても防災対策が必須です。

ブロック塀は私的財産ですので、所有者の責任における維持管理が必要です。早期に危険を発見するためにも定期的な点検を行い、傾きやひび割れが見られた場合は、建築士や施工業者などの専門家に相談しましょう

ブロック塀の安全点検について

ブロック塀等の所有者には安全に管理する義務があります。下記の点検項目により「ブロック塀の安全確認」を行ってください。

 

 

点検項目

 

1.塀の高さは地盤から2.2メートル

2.塀の厚さは10センチメートル以上(塀の高さが2メートルを超え、2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)

3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2メートルを超える場合)塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか

4.コンクリートの基礎があるか

5.塀に傾き、ぐらつき、ひび割れはないか

6.塀に鉄筋は入っているか〈専門家に相談しましょう〉塀の中に直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横とも80センチメートル間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。

7.コンクリート基礎の根入れ深さは30センチメートル以上(塀の高さが1.2メートルを超える)あるか

 

組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀の場合は、下記の1から6をチェックしましょう。

1.塀の高さは地盤から、1.2メートル以下

2.塀の厚さは十分か

3.塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか

4.基礎があるか

5.塀に傾き、ひび割れはないか

6.基礎の根入れ深さは20センチメートル以上か。〈専門家に相談しましょう〉

 

チラシ「ブロック塀の点検をしよう!」

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:都市計画課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?